薬を使ってうつ病を治療していく前に知っておくべきこと

男性

うつ病の判断基準が知りたい

医者

専門医を受診する

身体の不調は検査をすれば問題のある部分が数値となってあらわれることが多く、すぐに発見することができます。それに比べうつ病の診断はそう簡単ではありません。なぜなら、うつ病の症状は本当に様々だからです。また、その他の精神疾患とよく似た症状があるのもやっかいなところ。なので、少しでもおかしいと感じた場合は専門医に相談することがとても大切です。心の病気は身体の病気よりも自覚症状がわかりにくいのでスルーしてしまう方が多い傾向にあります。また、どうしても恥ずかしいと感じてしまう方が多く、すぐに気づくことが難しいのが現状です。もし診断してみて何もなければそれはそれで良かったとなりますし、早期に発見できれば薬を服用するなどして治療を行うことができます。

問診が重要な判断基準に

病院を受診するとまずは問診を徹底的に行います。これはうつ病の診断において問診が非常に重要な判断基準となるからです。患者さんの話聞き、適度に質問していきながら問診は進んでいきます。どういった症状が出てどう辛いのかといったことを出来る限り詳細に確認していくわけです。こういった問診で重要視されるのは受け答えの内容だけではありません。問診をしている間の患者さんの表情や問診中の様子、姿勢や口調といった部分からもうつ病の可能性を探っていきます。

さらに細かな判断基準も

うつ病を診断するにあたり国際的に定められたさらに細かな判断基準も存在します。それが「DSM-Ⅳ-TR」と「ICD-10」と呼ばれるものです。「DSM-Ⅳ-TR」は欧米の精神医学会が作ったもので、「ICD-10」はWHO(世界保健機関)が作ったものです。今までうつ病は「離婚」などの、うつ病を発症する原因となったであろう出来事によって分類されてきました。ですが「DSM-Ⅳ-TR」と「ICD-10」は原因ではなく、症状によって分類していくもので、今はこれが判断基準の主流となっています。この基準を元に判断しどういた治療を行っていくのか、どういった薬を処方するのかを判断していきます。

症状は様々

うつ病の判断基準について紹介してきましたが、うつ病の症状は本当に様々なのでやはり早い段階で医師に相談し薬で少しずつ治していく必要があります。落ち込んでいる状態が軽くてもずっと続いている場合はうつ病と診断される場合がありますし、就業は無理でも趣味などは思いっきり楽しめるといった場合もうつ病と判断される場合があります。一見すると全く異なる症状ですが、これら全てがうつ病と診断されてしまうわけです。治療内容や処方される薬は症状によって異なってくるので、医師と密に相談し、その人にあった治療を行っていくことが何より大事になってきます。