薬を使ってうつ病を治療していく前に知っておくべきこと

男性

誰かがうつ病になったら

悩む人

身近な人がうつ病に

うつ病は、どんな人でも発症する可能性があるといわれている恐ろしい病気です。自分が発病してしまうのも怖いものですが、身近な人が発症してしまうのも怖いものです。うつ病は基本的に入院するような病気ではないので、自宅で療養しつつ病院に通いながら薬で治療していくような形になります。自宅で療養するということは周りの人がうつ病のことを理解し、支えていかなければなりません。うつ病のことや、どうやって支えていくべきなのかをきちんと理解して一緒に治療に励んでいきましょう。

まずは病院へ

うつ病は薬を使って根気よく治療していく必要のある病気です。そのため不調を感じたら何はともあれまずは病院に行って診断してもらうことが大事になってきます。うつ病の判断は専門医じゃないと難しいので、本人や周りの人が安易に判断してしまうのは絶対に避けなければなりません。ちょっとでもおかしいなと思ったらまずは専門医に診てもらいましょう。疲れていたり忙しい日が続いていたりすると本人が気づけない場合もあります。周りの人がささいな変化を見逃さず、うつ病のサインに気づいてあげるようにすることが何より大事です。

やってはいけないこと

身近な人がうつ病を発症してしまった場合、治療していく中でやってはいけないことがいくつかあります。治療を進めていく中で、周りの人のささいな行動が治療を遅らせたり悪化させてしまったりする可能性があることを理解しておきましょう。まず否定することはやめてください。うつ病を発病した人は自己否定感が強いがために発症してしまうことが多いので、周りからも否定されてしまうと非常に辛くなってしまいます。否定はせずに肯定してあげることを念頭に接してあげるようにしましょう。また、当たり前のことですが精神病患者として接するのもやめてあげてください。うつ病を発症してしまった方は「恥ずかしい」という思いを持っている方が多く、そういった扱いをされることを嫌がります。また精神病患者として扱われることでさらにストレスを感じてしまいます。なのでいつもと同じように、普段通りの接し方で接してあげましょう。

両方大事

うつ病は薬を使って治療していきますが、薬での治療と同じぐらい友人や家族といった周りの支えが大事になってきます。本人は決してなりたくてうつ病になったわけではありません。発症してしまう原因は様々ですが、頑張り屋さんだからこそ色々なことを我慢しすぎてうつ病になってしまったんだと考えてあげてください。また、的確なサポートには正しい知識がかかせません。治療を行いながらうつ病について勉強し、理解を深めながら出来る限りのサポートをしてあげてください。薬と周りのサポートで一日でも早く辛いうつ病から開放してあげましょう。